「そのまま」の返品ポリシーが「説明のように」変更

商品に損傷が多い場合、返品ポリシーを「そのまま」で公開することは時には
役立ちます(前提として詳しい説明文と写真をたくさん紹介する必要があります)。
注意点としては、「そのまま」は「返品
不可」という訳ではありません。

「商品は説明通り届かない時もある。」リスクを承知で購入者はオンラインで購入
していると考えている販売者は、「そのまま」の返品ポリシーを設定して公開する
傾向があります。ですが重要な情報や注意点を見逃して購入するケースも時にはあります。

混乱を避けるためにも、Reverbは「そのまま」から「説明のように」と表現を
変更しました。またこの返品ポリシーが分かりやすく登場するためにも返品ポリシーではなく説明文に公開するよう更新しております。

________

販売者が出品を作成する際、「説明のように」は以下のように登場します:

Screen_Shot_2019-03-13_at_9.53.10_AM.png

...そして出品が公開されますと購入者には以下のように紹介されます:

Screen_Shot_2019-03-13_at_9.54.55_AM.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にも質問がありますか。 ヘルプリクエストを送る