お困りですか?

EコマースにおけるVAT徴収(イギリス)に関するお知らせ

2021年1月1日より、Reverbはイギリス在住の購入者に配送される低価格の物理的な商品に対して輸入VATを徴収し、イギリス政府に収めることとなりました。

ReverbでのVAT徴収の背景

イギリスのEU離脱による影響と同国でのB2C(Eコマース)変革に伴い、イギリスのHMRC(歳入関税庁)によってVAT徴収に関する要件が定められました。詳細については、税務パートナーのAvalaraによるこちらの記事をご覧ください。

135ポンド以下の商品をReverbでイギリス在住の購入者に販売する場合は、イギリスの通関で使用する情報が記載されたReverb指定の配送伝票の同梱が必要となります。

販売者側で他に行うべきことはありますか?

合計金額が135ポンド以下となる注文それぞれについてReverb指定の配送伝票を印刷して同梱する以外に、その他追加で行っていただくことはありません。Reverbはその後自動的にVATを徴収し、販売者に代わってイギリス政府に納税します。

Reverb Paymentsで販売を実施した場合、Reverbにより徴収・納税されたVATは自動的に振込額から差し引かれます。販売者側でその他の処理や納税を行っていただく必要はありません。VATは自動で徴収および納税されます。

Reverb Paymentsを使用できない場合

ショップが所在する地域でReverb Paymentsがサポートされていない場合は、Reverbの売上明細にVATの金額が記載されます。詳細は以下の通りです。

  • PayPalのみで取引を行う場合、Reverbにはオンラインのマーケットプレイスとして引き続きVATを徴収し、税務署に収める義務が課せられます。

  • これらの税金は、注文金額の初回振込時に販売者に支払われます。

  • その後、VATの金額がReverbの明細に追加され、毎月1日に(その他のReverbの販売、Bump、配送ラベルの手数料などと併せて)徴収されます。課税金額に対する販売手数料は請求されません。

Reverb PaymentsとPayPal取引の双方について、注文の総額(VATを含む)に対する決済処理手数料が加算されます。すべてのオンライン取引を完了させるためには、この決済処理サービスが必要となります。

この記事は役に立ちましたか?
答えが見つかりませんか? Reverbサポートに問い合わせる