お困りですか?

EU宛てに発送される注文に対する新たな要件

欧州連合(EU)では、2点の新しい関税要件が71日に発効されます。この日付以降、EUへ発送する注文の配送ラベルには、Tariffコードを追加する必要があります。また、150€以下の注文には、ReverbIOSS番号を配送業者へ電子送信する必要があります(この点については下記で詳しく説明します)。

Tariffコードとは?

配送ラベルに追加される一連の番号のことで、輸入される物品がどのような商品であるか税関に知らせるものです。Tariffコードは、配送される製品の種類に基づきます。

Reverbで取引される音楽機材のカテゴリーのTariffコード一覧を表示

Tariffコードが未記入、または間違っている場合、税関での配送手続きに時間がかかり、商品が発送元に返されることもあります。

IOSS番号とは?

71日以降、Reverbでは、EU域内へ輸送される€150以下の物品に対し、輸入VATを徴収します。発送主は、ReverbIOSS番号を配送業者に電子送信し、この注文に対しVATが徴収済みであることを通関に知らせます。ReverbIOSS番号は、この目的のみに使用されるものとします。IOSS番号は、ReverbによりVATが徴収された注文の注文詳細に記載されます。購入者へのVATの重複請求を防ぐため、この番号は、配送される商品に記載するのではなく、必ず配送業者へ電子送信してください。詳細を確認。

Reverbにもサポートがありますが、税務に関する具体的な情報や法的アドバイスを提供することはできません。商品のTariffコードまたはVATについてご質問がある場合は、税務の専門家にお問い合わせいただくことをおすすめします。

この記事は役に立ちましたか?
答えが見つかりませんか? Reverbサポートに問い合わせる